借金滞納

債務整理をした場合住宅ローンの審査にどのような影響がある?

住宅ローンを組んだ後に債務整理を行った場合、一括払いをいわれたり家を返却するなどということはありません。

契約ときに交わした支払い方法がきちんとできれば債務整理をしても問題ありません。

ただし、これは任意整理の場合で、個人再生や自己破産の場合はまた話が変わってきます。

ところが債務整理をしたあとに住宅ローンが組めるかというと大変難しいのです。

債務整理をすると信用情報機関に登録されてしまい、ローンを組むとき信用情報をもとに審査をするので、そこで債務整理をしたと記載があれば審査に通る可能性はかなり低いでしょう。

そして一度債務整理をしていることがローン会社に知られていると信用が低くなってしまいます。

債務整理をしてすぐにローンの審査を受けても、ローンの返済より生活が成り立たないと判断されるので審査に通らないことがあるのです。

債務整理をしてひと安心と思う人もいますが、それくらい債務整理後は厳しいのです。

絶対に債務整理をしたことが住宅ローンに関係ないとは言えませんが、信用情報に記載される5年間は審査に通らないことを覚悟した方がいいでしょう。

お金を借りるにはやはり信用が一番です。信用がない人にはお金は貸してはくれないので住宅ローンを組むなら、できるだけ経済力をつけて、借金を完全に返済し、信用を取り戻すことが重要です。

債務整理の相談を無料申し込める特設サイトはこちら。

img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel

任意整理完済後住宅ローン通るか?信用情報の掲載期間から考える

任意整理をした場合はどうなのでしょうか?

これは、ほかの債務整理同様、信用情報機関には掲載されますので住宅ローンの契約が難しくなります。

住宅ローンの場合は注意が必要で、任意整理後に審査に落ちてしまうと履歴が残ってしまうので住宅ローンの審査に受かりにくくなります。

任意整理後には最低でも5年から7年ぐらいは待って、きちんと生活を立て直してから審査を受けるようにしましょう。

というのも信用情報機関の記録はいつ消えるかわからないので、個々の債務整理の状況などによって掲載期間が変わってきます。

最低でも5年は消えることはありませんので、その間住宅ローンの審査に通るように準備しておくことが大切です。

そして、もう一つ大切なポイントは必ず債務整理した銀行以外の銀行でローンを組むことです。

債務整理した銀行や、その銀行系の金融業者などの場合は記録が残っていますので何年たっていたとしても審査が通らない可能性が高くなります

どういった債務整理をするにせよ、デメリットがあることを覚悟してしっかりと計画を立ててから行いましょう。

自己破産で悩んでいる方へおすすめの事務所

「みつ葉グループ」は、2012年3月に創業して8年目を迎える総合士業グループです。

東京・大阪・広島・福岡・沖縄に拠点を構え、法律事務所、司法書士法人、行政書士法人、税理士事務所などによるワンストップの連携によってどんな悩みにもお答えできる体制を整えています。

債務整理の経験が豊富な専属チームによるフルサポートも提供しており、「みつ葉グループ」なら、あらゆる借金問題に安心・安全・親身に対応させていただきます。

24時間365日、全国で対応可能であるため、いつでも相談することができます。

相談は何度でも無料で受付けていますので、安心して相談できます。また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしています。

費用ですが、分割払いもできるため、手元にお金がなくても気軽に相談してください。

借金問題で苦しんでいるなら、一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法をご提案します。

SP_CTA_recommend_advantage
img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel