借金滞納

【アイフルで滞納は危険!】滞納している人は既にブラックリストに入ってるかも

借金を滞納すると、最短で2ヶ月でブラックリスト入りすることをご存知ですか?

もちろん大手消費者金融のアイフルも例外ではありません。一ヶ月支払いを延滞してしまうまではギリギリセーフですが、2ヶ月延滞すると貴方の信用情報に傷がつきます。

そして3ヶ月延滞すると、次回からクレジットカードを新しく作れなかったり、借入ができなくなります。

img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel

滞納するとすぐにブラックリスト入りします

ここで出て来るブラックリストを詳しく紹介するとこうなります
2ヶ月の滞納→ブラックリスト入り 
3ヶ月の滞納→ブラックリストで事故情報として扱われる。

世間一般で認識されているブラックリストというのは3ヶ月滞納した人のことを指します。
ただし、間違えていけないのは、2ヶ月滞納も危険です。2ヶ月の滞納を何度も繰り返すと同じように
事故情報として扱われる可能性があり、新しくクレジットカードを作れなくなったりします。

この2ヶ月の滞納を繰り返した人はなかなかブラックリスト入りに気づけません。
例えば、買い物の支払いで新しいカードを作ると割引券がもらえる、といった案内を受けて作ろうとした時、
もし事故情報として取り扱われていたら、その場で作れなくなります。
もしそのときに知り合いや恋人、家族と一緒にいたら、借金が知られてしまう可能性があるので
このページを見ている人は一度は信用情報を確認した方がいいかもしれません。
信用情報の見方
※信用情報機関(CIC)へのリンク

信用情報機関(CIC)
このサイトから信用情報が確認できます。

ブラックリストに載ったら5年は解消されない

自分の信用情報がブラックリストに乗っていた場合、解消する方法は5年待つ以外に方法はありません
もし、この時借金しながらも、クレジットカードで買い物や生活をしているような自転車操業状態だったり、
借金を返すために他の金融機関からお金を借りている多重債務状態だった場合は、殆どの場合ブラックリストのまま過ごすことになります。
そうなってしまってはコレ以上の滞納は危険です。

おすすめとしては、弁護士・司法書士に依頼して任意整理してもらうことをします。
任意整理すると、ブラックリストに載ってしまうデメリットはありますが、既に滞納を繰り返している人のほとんどはブラックリスト入りしています。
なので、弁護士・司法書士に相談することのデメリットはありません。

むしろ利息が無くなったり、元金だけ返済すれば良くなるなど借金が減る可能性が高いです。
借金が100万以上ある場合は、弁護士・司法書士に相談すると借金が減る可能性があるので一度問合せてみることをおすすめします。
弁護士・司法書士も借金をしている人はお金がないことを知っているため、「任意整理したいんですが」と言って問い合わせれば
無料で相談を受けてくれます。

こういうときは自分で1人ではなく、国が作った救済措置の任意整理を頼りましょう。

アイフルから借金をしている方へおすすめの事務所

アイフルからの借金を返済したい方は、みつ葉司法書士事務所に相談するのをおすすめします。

「みつ葉グループ」は、2012年3月に創業して8年目を迎える総合士業グループです。

東京・大阪・広島・福岡・沖縄に拠点を構え、法律事務所、司法書士法人、行政書士法人、税理士事務所などによるワンストップの連携によってどんな悩みにもお答えできる体制を整えています。

債務整理の経験が豊富な専属チームによるフルサポートも提供しており、「みつ葉グループ」なら、あらゆる借金問題に安心・安全・親身に対応させていただきます。

24時間365日、全国で対応可能であるため、いつでも相談することができます。

相談は何度でも無料で受付けていますので、安心して相談できます。また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしています。

費用ですが、分割払いもできるため、手元にお金がなくても気軽に相談してください。

借金問題で苦しんでいるなら、一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法をご提案します。

SP_CTA_recommend_advantage
img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel