借金滞納

みずほ債権回収|電話がきたときの対処方法

みずほ債権回収から電話で連絡が来るということは、債権が移ってから、最初の返済日に支払いができなかったという状態だと思います。

要するに、取り立ての専門業者を相手に滞納してしまっているという状態です。

債権回収会社の取り立ては、元々お金を借りていた会社と比べると、連絡の頻度が増える程度です。

取り立て専門業者と言っても、あくまで貸金業法によって規制されている範囲での取り立てしかできません。

そのため、滞納が当たり前という感覚になっている人ほど、電話や督促状が送られてきてもそのまま無視してしまいがちになります。

しかし、債権回収会社の取り立ての恐ろしいところは、直ぐに訴えられてしまうところにあります。

借金をしている側に問題があるため、裁判になった時点で債権回収会社側の主張が認められてしまいます。

この裁判を止めるには、法律の専門家である弁護士・司法書士を介入してもらう必要があります。

弁護士・司法書士が裁判前に介入することで、裁判の内容が不当かどうかの調査が入るため、訴状は取り下げられます。

その後、裁判をしないで当事者同士で交渉することによって、今後どうやって返済すべきかを自分の返済能力を元に決めることができます。

この話し合いは、弁護士・司法書士が代理人となって交渉してくれます。

弁護士・司法書士が交渉することによって、今後の利息を無しにしたり、今の借金を減額するといった交渉も可能です。

「みつ葉グループ」は、2012年3月に創業して8年目を迎える総合士業グループです。

東京・大阪・広島・福岡・沖縄に拠点を構え、法律事務所、司法書士法人、行政書士法人、税理士事務所などによるワンストップの連携によってどんな悩みにもお答えできる体制を整えています。

債務整理の経験が豊富な専属チームによるフルサポートも提供しており、「みつ葉グループ」なら、あらゆる借金問題に安心・安全・親身に対応させていただきます。

24時間365日、全国で対応可能であるため、いつでも相談することができます。

相談は何度でも無料で受付けていますので、安心して相談できます。また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしています。

費用ですが、分割払いもできるため、手元にお金がなくても気軽に相談してください。

借金問題で苦しんでいるなら、一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法をご提案します。

SP_CTA_recommend_advantage
img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel

長期滞納のリスク

ここで、長期間滞納してしまうリスクについて説明します。

もし、いま借金を1年以上滞納している人は、注意してください。

まず、滞納してしまうと遅延損害金という違約金を支払わなければいけません。

滞納状態で3ヶ月目に入ると、信用情報機関に金融事故を起こした人として登録されてしまいます。

信用情報機関に金融事故情報が載ると、どこの金融機関からも借入が出来なくなります。

つまり、住宅ローンや自動車ローンなどが組めなくなり、さらにはクレジットカードのショッピングローンも利用できなくなります。

もちろん、新規でカードを作ることもできません。

一度このような状態になってしまうと、今の借金を完済してから5年間はこの状態が続きます。

また、このほかにも長期間滞納してしまうと、借りた事業者から債権回収会社という取り立て専門業者に債権が移譲されます。

債権回収会社は、取り立てに対して反応がない場合、直ぐに一括請求の督促状を送ってきます。

この一括請求に応じることができず、通知の発送から14日間の間で返済が確認できない場合、裁判所から差し押さえの強制執行手続きが行われます。

そうなると勤め先の経理の担当に給料の差し押さえ通知が送られるため、会社の人に借金をしていることが知られるとともに、会社の人に迷惑をかけることになります。

みずほ債権回収から取り立て

みずほ債権回収からの取り立ては、返済日から遅れた翌日から行われます。

取り立ての電話は、元の債権者に借入の契約をしたときに記載した、携帯電話に電話を掛けてきます。

取り立ての電話は8:00~21:00までの間の時間で1日に3回は掛かってきます。

これは、貸金業法で取り立ての電話は1日に3回までと決められているからです。

取り立ての担当者によって差はありますが、電話に出れない状態を考慮して朝、昼、夜の3回に分けて掛けてくること多いようです。

この時間以外での取り立ての電話は、法律で規制されているので、もし電話が掛かってきた場合は近くの警察署か、消費者生活センターに相談しましょう。

なお、債権回収会社から来る電話は、女性オペレーターが担当しているため、テレビで見たことがあるような大声を出したり、玄関に張り紙を貼るような取り立てはありません。

現在は法律で規制されているため、国から正式な許可を得た債権回収会社は、恐喝まがいな取り立て行為は絶対に行いません。

ただし、この取り立て電話を無視している限り、毎日電話が鳴り、自宅にも督促状が届くようになります。

このとき、契約時に携帯電話番号が使えなくなるなどのトラブルがあると、自宅に電話をかけてきます。

本人が電話に出ない限り、周りに借金が知られることはありませんが、頻繁に同じ相手から電話が掛かってくることになるため、家族に疑われることになるでしょう。

滞納した時の対処法

返済日に間に合わなかったときの対処法は「支払日の延期」と「当月の支払額の減額」の2つの手段があります。

この方法をそれぞれどうやって行うか説明していきます。

支払日の延期

債権の支払期日にお金が無く、その後に支払える目処が立っている場合はみずほ債権回収に連絡して、支払いの延期の交渉をしましょう。

交渉時に、延滞理由といつ、いくら支払えるのかを伝えるだけで柔軟に対応してくれます。

みずほ債権回収の場合、最大で次回の給料日まで待ってもらうことができます。

そのため、返済の目処が立つようであれば、電話口で返済日を明確に伝えることで、その日まで電話が掛かってくることはありません。

ただし、返済が遅れていることは間違いないので、返済が遅れた日からの遅延損害金が発生します。

遅延損害金は返済期日から1日でも遅れてしまうと支払う義務が発生します。

遅延損害金は20%の年利が載ってしまうため想像以上の負担がかかります。

その結果、遅延損害金で請求される金額は想像よりも多くなるため、支払日より早く支払えるなら、すぐにでも繰り上げで返済していくことをおすすめします。

支払額の減額

返済日にまでにお金が足りない場合、その月の返済分を減額してもらえることがあります。

最少返済額というものがあり、

  • 利用限度額が30万円以下なら借入残高 × 4.2%
  • 利用限度額が30万円超なら借入残高 × 3%

といった規定に沿って、その月に支払わなければいけない最低金額を教えてもらえます。

仮に100万円借金していた場合、3万円が最低返済額となります。もし、この金額も支払えない場合は必ずオペレーターに相談して下さい。

いくら返済すれば、信用情報に傷を付けずに返済したことになるのか交渉も可能です。

支払額減額の手続き方法は、返済期日より前に連絡し「支払額を減額してほしい」と伝え、相談しましょう。

3ヶ月以上滞納してしまった場合

延滞して91日以上経過すると、信用情報に長期延滞という金融事故の記録が登録されます。

いわゆるブラックリスト載った状態になり、クレジットカードの審査に落ちるようになります。

それにともない、取り立てもこれまでと違った対応をとることになります。

債権回収会社から督促の対処法

みずほ債権回収から督促来た場合、法律の専門家である弁護士・司法書士に相談しましょう。

弁護士・司法書士に相談することで、債務整理という借金の負担を減らすことができる国の救済手続きが行えるようになります。

債務整理とは、貸金業者からの督促を止めたり、今抱えている借金の金額を、債権者との交渉によって減らすことができる手続きです。

債権回収会社が、裁判所に対して一括返済の訴訟を起こしてしまうと、その後は自分から分割払いの交渉をしても取り合ってもらえなくなります。

しかし、弁護士・司法書士が介入することで分割払いの交渉ができるようになります。

img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel

差し押さえを止める

みずほ債権回収からの取り立て電話を無視し続けると、最終的には差し押さえが行われます。

差し押さえの前には、差押予告通知と、一括請求の督促状が送付されてきます。

この通知の意味は、記載された期日までに借金を一括で支払って下さいというものなので、支払うのは難しいでしょう。

支払えるならば、滞納すること無く、とうの昔に支払っているはずです。

差し押さえは、自宅の財産を売り払うというものではなく、会社の給料の差し押さえが対象となります。

給料の全額が差し押さえられるというわけではなく、あくまでギリギリ生活が可能だと思われる、給料の4分の1までが差し押さえの対象になります。

しかし、滞納している人の多くは、既に生活もままならない状況の人が多いため、この金額の差し押さえをされると、今までよりも苦しい生活が待っています。

その状態が嫌なら、早い段階で弁護士・司法書士に債務整理の依頼をしましょう。

債務整理の手続きを行えば、現実的に支払える金額までの減額交渉も可能です。

給料の4分の1よりも、負担の軽い分割払いの交渉も可能なので、今の苦しい状態を抜けしたいなら、なるべく早く手続きをしてください。

債務整理とは

債務整理とは、借金を整理し、債権者からの催告や取り立て、金利などから解放するための手続きです。

現在200~300万人もの人が借金を背負っているとも言われており、多重債務者に限っても100万人近くいるとも言われています。

中には債務整理という方法を知らずに、「自殺」や「夜逃げ」などの最悪の選択を取ってしまう人もいます。

そのように借金で困った方が最悪の選択を取ってしまわないように、法的にも債務整理と言う方法を取れます。

単に債務整理と言っても、その方法は様々で借金額や借り入れ年数・金利・住宅の有無などの相談者の状況によって変わります。

どのような方法をが適していて、どういうデメリットもあるのかが分からず、なかなか債務整理に踏み切れずにズルズルと借金を返し続けている方も多いのではないでしょうか。

個別の状況によって適した方法も変わってきますので、弁護士や司法書士に直接相談されることもおすすめします。

img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel

滞納で債務整理をするなら

借金問題の手続きは複雑で素人では判断できない内容がたくさんあります。

手続きで記入しなければいけない書類も専門知識が必要ですし、そもそもどんな手続をしなければいけないかの区別も難しいです。

例えば、自己破産しか無いと思った人が任意整理という手続で済むことはよくあり、時効で済む可能性もあります。

実際、借金問題手続きの8割は任意整理が行われていると言われています。

このように、知識としては知っていても認識が間違っていることも多くあるので、個人で対応するのは危険性があります。

一人で悩まずに、必ず弁護士・司法書士に相談することをお勧めします。

「みつ葉グループ」は、2012年3月に創業して8年目を迎える総合士業グループです。

東京・大阪・広島・福岡・沖縄に拠点を構え、法律事務所、司法書士法人、行政書士法人、税理士事務所などによるワンストップの連携によってどんな悩みにもお答えできる体制を整えています。

債務整理の経験が豊富な専属チームによるフルサポートも提供しており、「みつ葉グループ」なら、あらゆる借金問題に安心・安全・親身に対応させていただきます。

24時間365日、全国で対応可能であるため、いつでも相談することができます。

相談は何度でも無料で受付けていますので、安心して相談できます。また、会社や家族に知られたくないという方にもサポートをしています。

費用ですが、分割払いもできるため、手元にお金がなくても気軽に相談してください。

借金問題で苦しんでいるなら、一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

あなたの借金の状況に合った、最善の解決方法をご提案します。

SP_CTA_recommend_advantage
img_for_pc
img_for_sp
SP_CTA_Mitsuha_mail
SP_CTA_Mitsuha_tel